物販事業で起業する前にまず信用創造

日本の仕組みをフル活用して社会貢献&永続的な事業存続を目指すブログ。

白色申告終了⊂(^ω^)⊃セフセフ

読了までの目安時間:約 10分

 

|・ω・`)ノ ども 私のこと覚えとる?

 

こんにちは、くまぞうです。

以前の更新から、実に1週間も

経ってしまいました。

 

サーセン\(^o^)/

 

…と反省を微塵もしておりませんが、

以前からポチり難いというありがたいご意見を

賜りましたので、こちらから ドゾ!

 

いつも応援

ありがとうございます!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 
…さて、本編ですが…

 

昨日、最終日に確定申告へノコノコ

行って参りました。

 

午前10時頃伺うと、なんと120分待ち。

周辺にはボケーッと待っている人達だらけで

見ているだけで笑ってしまいました。

 

全然、危機感を感じられないのです。

 

あっ、起業ってそんなに難しくないのかも?

とか思ってしまいました。

 

(´・ω・`)うむ。だって、待ち時間にでも

本くらい読めますよね?

ブログ記事とか書けますよね?

 

時間って命を削って生み出されるものですよ。

それを…もうね、ただの浪費。アホかと。

 

あっ、話逸れました。

で、本題です。

 

私の順番になって、優しい税理士さんに

一つ一つ尋ねながら、書類を作って

いきました。

 

すると、その税理士さんから

『あの、こう言うインターネットを使った

ビジネスで申告されている方って

どれくらいいらっしゃるんですかね?』

 

はて、私も初めての確定申告でしたので、

検討もつきませんでしたが、

それだけ申告されている方が

余程レアなのだろうなぁ、と察しました。

 

のびぞうさんから購入させて頂いた、

せどりに特化した税金セミナー で

繰り返し学習していて良かったー!と

心から思いました。顔射感謝。

 

ネットビジネスとは言え、

立派なビジネスですから、

こう言うことの積み重ねによって、

 

社会的信用を積み上げられて、

結果認められていくのだろうな、

と感じました。

 

こう言う最低限のこともできないのでは

怪しい業界と言われても仕方ないですからね。

 

最初の泥臭い作業あってこその

ビジネスですから。

 

どんなビジネスでも最初から

何の苦労もなく、とかあり得ませんから。

 

信頼残高、がんばって貯めて

参りましょう\(^o^)/!

 

参考図書

フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。

 

…さて、話変わりまして、

先日の投稿はご覧頂けましたでしょうか?

 

この先、せどり転売だけでは

確実に潰れますよ\(^o^)/!

 

他のせどり転売ブログを拝見すると、

穴場を狙った、だとか、年商◯◯万円だとか、

本当にこの先も、何かの一つ覚えみたいに

謳われているので、

 

ホントにみんなアホだなー、と。

 

金持ち父さん貧乏父さんシリーズでも

4つのクワドラントとか出てきたじゃないですか。

 

E: 従業員

S: 自営業

B: ビジネスオーナー

I: 投資家

 

従業員は論外ですが、

いや、兼業の方は素晴らしいと思います。

 

でも、いつまでも自営業だとか、

ビジネスオーナーだけに

固執すると、いつまでも

ラットレースから抜け出せない訳ですよ。

 

これを読んで下さっている方々は

お金に関して嗅覚の優れた方々でしょうから、

現状維持に満足せず、新しいクワドラントへ

進むことを是非是非考えてみて、

行動して下さいね!

 

組み合わせるのも勿論おKです\(^o^)/

 

さて、本日3/18(火)。

また新たな情報が発表されました。

 

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2014/rel140314a.pdf

 

日本銀行さんのお達しから推察するに、

今現在、スゴい勢いで新しいお金を

どんどん創造されております。

 

つまり、融資が下りやすくなっているのです!

 

銀行さんにもノルマがありますから、

信頼できる経営者にお金を借りて欲しい訳です。

 

東京オリンピック、経済効果3兆円だワッショイ!

マスゴミが言っている裏で、

 

ここ2〜3年で140兆円を

市場に投入する(`・ω・´)!

と日本銀行さんは仰っておりますので、

必ず実行されます。

 

アベノミクスとか全然関係ないですよ。

だって、日本政府と日本銀行さん、

完全に別組織で分かれてしまってますから。

 

まぁこの話もさて置き、

これを元手に半分はビジネスしながら、

半分は投資信託で廻しましょうね!

 

…と言うご提案なのですが、

如何でしょうか?

 

融資… 分からん!

という方が大半だと思われますが、

 

経営者のための銀行融資e大学

 

こちらを活用頂くことで

融資して頂ける確率が劇的に上がります!

 

確かに仰る通り、学費36万円は大きいですが、

創業融資ですと、日本政策金融公庫から

最低でも200万円〜最大1,000万円まで

借り入れることができます。

 

こういった額と比べると、

本当に格安なお値段だと思います。

 

それでも…と言う方が多数だと思われますので、

興味はあるけど、どんな雰囲気なんだろう?

と前向きに捉えて下さる方に、

こちらの動画・音声教材は如何でしょうか?

 

銀行融資を軸にした経営戦略を学ぶための動画、音声教材セット!

 

さらに最新の情報が欲しい!と言う方には

こちらから ドゾ!

 

【2014年上半期最新版・物販大富豪の戦略術】
銀行の法人審査部門長が直接講義する日本の次元を超えた量的質的金融緩和を活用して「物販大富豪」に駆け上がるための経営戦略術

 

これは…タイミング的にホントに熱い案件だと

感じて頂けるのではないかと思っております。

 

それくらい、今現時点での起業は、環境的に

申し分ない、恵まれた環境だと思うのです!

 

でも、まずはAmazon・ヤフオク!せどり転売から

脱却して、専門店型ネットショップ構築からですね〜

 

最終的には毎月配当型の投資信託で

夢の金利生活まで移行して頂きたいと

思っております。

 

融資なんて、難しくてカッタルイヨという方は

毎月配当型の投資信託で ドゾ!

 

【松山式】実践者が明かす『日本の銀行×日本の証券会社で日本にいながら普通の投資信託で金利生活』

 

ご提案は致しますが、投資案件と言う性質上、

ご自身の余剰資金で自己責任の上、

運用されることを何卒ご了承下さい。

 

私も運用しておりますが、

100万円預けて、先月だけで2万6000円増えました。

月利2.6%ですよ。

年利31.2%…!

これだけでも十分熱い案件なのでは…!

 

では昨年末、実家に帰ってきたばかりで、

引越荷物が全然片付いてないので、

片付けるフリします。

 

続きはまた (´・ω・`)ノ らびゅーん

 

 

タグ :    

確定申告   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る