物販事業で起業する前にまず信用創造

日本の仕組みをフル活用して社会貢献&永続的な事業存続を目指すブログ。

極論、借金した者勝ちですよ!

読了までの目安時間:約 12分

 

|・ω・`)ノ ども OUT数4桁→3桁。

 

更新を怠るとランキング、ガタ下がり、

程よいプレッシャーありがとうございます^^

 

こんにちは、くまぞうです。

 

いつも応援

ありがとうございます!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 

 

昨夜、大変ありがたいことに

投資信託・神案件について

お問い合わせ頂きました。

 

そして気付かされました。

私の文章力不足で、大富豪マインドが

全然伝わっていなかったことを。

 

本当に\(^o^)/すいません!

 

どういうことかと申しますと、

今現在、日本国政府の赤字国債は

過去最大の1,000兆円と言われております。

 

国民一人辺りの借金が800万円ずつ…とか。

 

政府…政治家が勝手に作った借金を

国民のせいにしているんですよ。

 

この報道の仕方、本当に頭にきます。

テレビ、ラジオ、新聞などもお金を掴まされて

この様な偏向報道しかできないのだと思われます。

 

知らず知らずのうちに洗脳されてしまいます。

確かな情報を取捨選択して、

自分の信じた道を進みましょうね!

 

話を元に戻して、現在の日本政府の

資金繰りを観てみましょう。

 

赤字国債:1000兆円

税収:40兆円

毎年赤字国債発行額:50兆円

 

国内資産:500〜600兆円(道路・橋など)

※実質、現金化することはムリ。

国民総資産:1500兆円

海外資産:300兆円

※日本は世界一、外国へお金を貸しています。

国内企業資産:225兆円

 

これだけ見ていると、いずれ日本国は破産です。

デフォルトですね。日本円は紙切れとなります。

 

そこで安部首相が考えたことが、

「日本円の価値を落とす」と言うことです。

 

これを受けて、日本銀行さんは

次元を超えた質的量的金融緩和政策を

発表したのです。

 

市場に出回っている現金の量を2倍にする為、

今現在、融資という形で日本円を

新たに140兆円発行しようとしております。

 

こうすることで、日本国政府の資金繰りを

もう一度、見直してみましょう。

 

赤字国債:1000兆円 → 500兆円

 

国民総資産:1500兆円 → 750兆円

海外資産:300兆円 → 600兆円

※日本は世界一、外国へお金を貸しています。

国内企業資産:225兆円 → 113兆円

 

こうすることで、何と!日本国政府の

赤字国債発行額が大幅減の500兆円まで

圧縮することができます。

 

これと連動して、市場に出回っている

現金の量を2倍にする訳ですから、

私達の持っている現金は価値を

どんどん落としていきます。

 

一方、借金を持っている方々は

借金が半分になります。

 

つまり、こういった経緯から、

借金はできるうちにしましょう!

ということです。

 

借金にもいろいろな種類がありますが、

ここでは決して消費者金融から…と言う訳では

ありませんよ^^;

 

この辺の知識に関しては下記の情報から得たものです。

銀行融資を軸にした経営戦略を学ぶための動画、音声教材セット!

ご参考になれば幸いです。

 

 

社会的な信用を得て、初めて受けることのできる

地方銀行さんからの『融資』と言う形の借金です。

 

この大富豪戦略をご存じない方から見ると、

借金まみれの可哀想な中小企業の社長さんです。

 

できることなら、無借金で経営したいものです。

今現在、無借金経営されていらっしゃる、

経営者さんは本当に立派だと思います。

 

しかし、現実的にはビジネスの原資は

稼いでくるよりも、この様な形で、銀行さんから

借りてくる方が余程効率が良いのです。

 

しかも、支払う税金の額も、

銀行さんから借金をしているので、

負債の額が増え、圧倒的に少なくて済みます。

 

しかし実際には、銀行さんからの融資金は

大きな額を、返済期限なし、低金利と言う内容で

大富豪の方々は借り入れていらっしゃいます。

 

極端な例で申し訳ありませんが、

ここ2〜3年の間で140兆円が

市場に投入される段階で

 

如何に融資返済実績を積むことができるか、

これを元に大富豪の方々の仲間に入れるか否かに

大きく影響して参ります。

 

本当に大富豪でいらっしゃる方々は、

手元に資金を持つことを一切せず、

融資を受ける権利、毎月配当金を得る権利を

持っていることを重要視されております。

 

この実話からもご理解頂ける通り、

日本銀行さんの次元を超えた、

金融緩和政策を発動されている

このタイミングで融資返済実績を

より多く積むことで

銀行さんから大きな信頼を得て、

 

より大きな金額を、より長期間に渡って、

より低い金利にて、今後も融資を受けて、

大航海時代の海賊王ならぬ、

大借金王を目指すことが

大富豪の方々の戦略なのです。

 

この辺の思考は、なかなか受け入れるまでに

本当に時間が掛るかと思われます。

 

しかし、大富豪の方々と一般の方々との

違いというものは、こういった思考の違いから、

もたらされるものなのです。

 

そんな物販大富豪の方々が日々淡々と

実践していらっしゃる、

銀行さんから融資を引っ張ってくる戦略は

こちらです。

 

経営者のための銀行融資e大学

 

こちらを活用頂くことで

融資して頂ける確率が劇的に上がります!

 

銀行支店経歴をお持ちのVIP、

法人融資部門長、黒田パンサー先生からの

ありがたいサポート付きです。

 

働けども働けども一向に上向かない生活。

食べていくだけで必死な毎日を送る生活。

いくら稼いでも漠然とのしかかってくる不安。

 

しかし、一方ではお金持ちの間では

確実にお金が余っています。

 

本業の物販事業も、頑なに右肩上がり経営を

することもなく、淡々と毎月黒字経営さえ

実践していれば済むお話です。

 

ひと昔前まで教育されてきたこと。

◆借金は絶対にダメ!

◆借金の保証人の印鑑は絶対に押しちゃダメ!

◆借りたものは、すぐ返してしまいなさい!

 

これまでの常識を覆す内容ですが、

この思考の違いが今回の実話ほどの

貧富の差を生んでいるのでしょう。

 

いつまで割引価格でご案内できるか

分かりませんが、ご興味の湧いた方は

ぜひご検討下さい。

 

 

そして引っ張ってきた融資金を運用する、

毎月配当型の投資信託・神案件はこちらから。

 

【松山式】実践者が明かす『日本の銀行×日本の証券会社で日本にいながら普通の投資信託で金利生活』

 

※いずれもFacebook特別ページにて情報配信される為、

Facebookアカウントを作っていらっしゃると

スムースです。

 

※ご提案は致しますが、投資案件と言う性質上、

ご自身の余剰資金で自己責任の上、

運用されることを何卒ご了承下さい。

 

毎月配当型の投資信託がいくら

神案件と言われても、

飛んでなくなってしまったら、

元も子もないじゃないですか!

と言われたのですが、心配ありません。

 

時間は掛かりますが、大富豪の方々は、

大きな金額を、無期限で、しかも低金利で

借り入れて運用されていらっしゃいます。

 

どういうことかと申しますと、

極論、仮に投資信託で飛ばしてしまっても、

金利のみ銀行さんへ返済すれば良いだけなのです。

圧倒的な信頼構築が前提ですが。

 

その為にも、複数案件で分散投資をすることが

前提ではあります^^;

 

この辺は私もまだできておりませんので、

当面の課題です…笑

 

相続の際も、銀行さんからの多額の借金を

抱えた不幸な2代目社長と、世間一般の方々から

哀れみの目で見られますが、

 

実際には、相続税なども大きな負担はなく、

子孫末裔(まつえい)に渡って、金利さえ

銀行さんへ返済していくだけで良いのです。

 

日本銀行

 

日本銀行さん、ありがとうございます^^

 

情報を持つ者、持たざる者との間で、

圧倒的な二極化が進んでおります。

 

この情報を活かすも殺すもあなた次第です。

 

あ〜、あの時やっておけば良かった(>_<)!

とならない様な賢明なご決断をお待ちしております。

 

ご不明点等ございましたら、

各記事のコメント欄からお気軽に ドゾ!

 

それではまた (´・ω・`)ノ らびゅーん

 

 

タグ :    

大富豪戦略   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る